幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2021-03-11

Top / 幻blog / 2021-03-11

 土鍋パン

丸〜く焼ける日もあれば、

平た〜く焼ける日もあり、

なぜか四角⁉︎に焼けちゃった日もあったり。

だから飽きないんだけどね。

丸く焼けた日

【こなべ】で土鍋パン。

蓋をしたままオーブンに入れるので、

うちのオーブンのサイズでは、この【こなべ】が丁度良い。

焼き方は、こんな感じ。

250度に予熱しておいたオーブンで30分。

《蓋をしたまま‼️》

🔻

蓋を外して、200度で10分。

蓋をしてじっくり焼くので、

水分をキープしつつも、芯まで良く焼けている気がする。

とにかくパンは、芯までしっかり焼く事が大事だと聞いた事だし。

それにしても丸い

そして、うちは電気オーブンなので、

電磁波とやらを、

土鍋ごと入れる事で防御してはくれぬか…

という期待も込めての、この焼き方です。

まぁ、

ワタシの焼き方は、単なる自己流なので、

参考になるのかは謎で〜す♪(´ε` )

因みに粉の量は、強力粉150gと全粒粉100gの合計250g。

まぁこれも、

3日に1回パンを焼くので、3日分のパンの大きさって事だけ。

なので粉の量が多かったら、焼き時間も変えて下さいな。

⚫︎おまけ⚫︎

ずーっと前に撮って、

どうも気になるから保存しておいた写真なんだけど…

吉野ヶ里遺跡に展示してあった、昔の人の暮らしの風景。

ねぇ、コレ、

こなべじゃない⁉️

だよね。こなべだよ‼️

だってこの時代の鍋の蓋は、葉っぱとかじゃないのかな⁉️

しかも蒸気の噴き出し孔まであるしーーー‼️

の、気になる写真はコチラ

🔻

これ、パン焼けるなぁ

こなべを持ってる人が再現したのかな…(._.)⁇



コメント


認証コード(3101)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional