幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2019-10-08

Top / 幻blog / 2019-10-08

 甘酒

知る人ぞ知るの定番商品。

【甘酒ポット】

まぁるいフォルム。

甘酒への想いから、甘酒を仕込むのが楽しくなる土鍋を♪

と思って創った土鍋です。

最初お粥を作るので、噴きこぼれにくい形に。

そして保温効果が続くよう、まぁるく壺のように。

でも、いくら保温効果のある土鍋でも、

電気で一定温度を持続する甘酒メーカーのようにはいきません。

ウチでは、3、4時間に一回、包んでいるタオルから取り出し、

2分ほど火にかけ、再び土鍋に熱を持たせ保温。

コレを2回位やり、甘い土鍋甘酒を作っています。

この作業、面倒くさそうに思うかもしれませんが、

いやいや。

相手は麹ですよ〜

生きていますよ〜

3時間ごとに土鍋を覗くたびに、

水分が上がってきて♪ トロッとしてきて♪ 甘い香りでイッパイになって♡

変化していくのがとにかく面白い!

甘酒を常に作り始めて数年になりますが、未だに飽きません(^.^)

観察がお好きな方、特にオススメです。

甘酒は必須調味料

因みに甘酒を作り始めて、料理の幅が広がった。

小さい時から甘辛い料理全般が苦手だったけど、

まぁ、食べられるようになりました♪

甘酒+醤油での、胡麻和えや、すき焼き。

なかでもオススメは、甘酒+醤油+水で煮る煮魚!

簡単で、食べた後も喉が乾かない!

今まで、煮魚を避けていた分、煮魚ばかりよく食べています。

甘酒ありがとう!

【丸フライパン】使用〜♪



コメント


認証コード(3782)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional