幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2015-05-05

Top / 幻blog / 2015-05-05

 昼ゴハン。

板ずりして下茹でし、スジをとり終え、

おもわず、ぼぉーっと見惚れてしまいます。

この色♡ この香り♡

フキの、透き通ったミドリ色。

なんとも清々しい色です。

ではでは、この清々しい色と香りをいかした “フキ御飯” でも♪

噴いたらOK~

【ごはん鍋】

お米と同量の水 (白米の場合) 、

お酒、塩、昆布、ちりめんじゃこと共に炊いていきます。

一合の場合、10分足らずで噴いてくるので、火を止め蒸らし。

15分~20分蒸らしたら、フキを混ぜます。

鍋ごと食べたい…♪

ふわっと良い香り♪

後入れしているので、フキの食感がシャッキシャキですよ~

味わって、味わって。

ちなみに↑コレは昨日のお昼ゴハン

今日はこんなのを。

先日、漬けておいた “パイナップル酢” と “バナナ酢”

↓こうなりましてね。

色水~♪

綺麗な色です。

砂糖を減らしたので、サッパリと料理にも使える味。

ではでは♪っと。

【角なべ】に、バナナ酢と醤油を同量入れて、

生姜、ニンニクとともに、チキンと卵を煮ること数分。

火を止め、ピーマン、酢から引き上げたパイナップルを加えたら、

こうなりましたー

パイナップルとチキン最高~

最高~♡

ぎっくり腰が治ってからというもの、

ますますゴハンが美味しく感じられる今日この頃です(^^)



コメント


認証コード(1897)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional