幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2023-02-03

Top / 幻blog / 2023-02-03

 アルモノデ🥘Paella

お風呂に入る前に炊いておくと、

上がった時には、丁度良い蒸らし具合でして〜♪

冷凍庫にあるモノのかき集めで、

\不意打ちパエジャ🥘/

味噌汁夕飯のつもりが、

思いがけずパエジャに❣️

気合いを入れずに作ったら、

なんだか凄く成功ー♪(´ε` )

【パエジャ鍋】の小さい方で、1、5合炊きました。

「今日、なに夕飯しよー」と呟いてたら、

「パエジャ出来ないのー?」と返ってきて。

出来なくは…無いよ。

アルモノデよかったら、出来なくは無い。

という事での、肩の力をを抜いたパエジャ作り。

超〜テキトーです。

いつもテキトーだけど、守ったのは、

米:水分が、1:2

サフランは絶対必須

この2点。

いつもはトマトソースをタップリ入れるけど、

冷凍トマトの1/2しか無かったので、

その分、水は充分に。

ヒタヒタ水で湯掻いたアサリの出汁+水で、500ccにし、

サフランと塩糀でまずはスープ。

🔻

パエジャ鍋では、骨付き鶏肉を炒め、シメジ、トマト、

そこへスープを加え暫く煮立て、鶏肉からの旨味も引き出したところで、

🔻

オイルをまとわせておいたお米1、5合を投入。

冷凍していたムカゴも投入。

🔻

沸いたら蓋をして、弱火で15分ほど。

🔻

蓋を開け、お米の煮え具合をチェックしてOKだったら、

中火で水分飛ばし。若干香ばしい香りがしたら火を止め、

湯掻いたアサリ、冷凍インゲンをのせ、蒸らし。

パエジャは、蒸らしを充分にした方が美味しい。

なので、蒸らしの間にお風呂に入る♨️

🔻

お風呂から上がったら、

ド近眼眼鏡の、ボサボサ頭で、

【ホットワインcup】に西田果樹園の濃厚みかんジュースを注ぎ温める🍊

ワインの代わりに

🔻

温まったら、そこへ芋焼酎 黒霧島を注ぎ♪

サラダは、水菜と大根の糠漬けをオリーブオイルでマリネして。

テキトーに作るといつも成功する

思いがけずの、パエジャパーティーの晩餐🥘

しかも、美味しかったな。

の、超〜テキトーパエジャのレシピメモ書きはコチラ↓

考え方は、炊き込みごはんと一緒ですから

3行です♪(´ε` )



コメント


認証コード(2050)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional