幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2020-11-02

Top / 幻blog / 2020-11-02

 林檎と銀木犀

見て!

この大きな林檎(^o^)

この後、竹の節で机に傷が入り怒られる

(後ろの竹筒健康法のヒトが若干気になるけど…)

半分はそのまま食べて、

半分はコンポートに。

何かと役立つmini土鍋

ちょこっとコンポートには【mini土鍋】がオススメ(╹◡╹)

林檎を入れ、キビ砂糖を適当に。

シークワサーも入れたな。

そして水。

蓋をしてクツクツさせながら、

あっ!林檎にはサフランだった‼︎

と思い出し。

思い出してヨカッター

パエジャを作る時のように、

サフランはアルミホイルに包んでトースターで軽〜く炙っています。

炙って粉々にすると、色が良く出るからね。

ところでサフランは、黄色の色付けの役割ばかり言われるけど、

カラダを温める効果があるんだぜぃ‼️凄いんだぞぉ

ウチでは冬はスープに、寒気がする時は白湯にも入れたりしますよ。

そんなウンチクを言ってる間に、

そろそろエエかな♪

クタッとしたらOK

良い感じ。

あとは土鍋の余熱に任せて、

ゆっくりと冷ましシロップを浸み込ませ。

この林檎のコンポートを使って何がしたいかって。

ふふふ♪

それはね〜

翌日です。

林檎のパウンドケーキ。

【丸フライパン】なのと、林檎ものってるし、

170°で40分→ホイルをして再び170°で10分、焼いたかな。

まぁ、そこは適当に、オーブンによって加減して下さい。

で、こんな感じに↓

シナモンもきかせています。

コレまたゆっくり冷ましてね。

表面が乾燥しないように、ウチでは角なべの木蓋をのせて冷まします。

ほどよく隙間があって、蒸気抜けに丁度良し。

そんな感じで出来上がった、林檎のパウンドケーキ。

どうしても林檎をケーキにしたくて。

その理由はね、

コレまた、

ふふふ♪

銀木犀のシロップと合わせたかったから。

ほらね、思った通り❗️

林檎と銀木犀、すんごく合う♡



合う♡



合うなぁ、コリャ〜♡

好評だったよ

ゆっくり仕込んだ秋のケーキ、

食べてしまうのは、あっちゅう間( ^ω^ )



コメント


認証コード(5348)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional