幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2021-02-07

Top / 幻blog / 2021-02-07

 ちょっとお手軽なPaella〜

パエジャの作り方、あまり載せていないのは、

簡単なんだけど、

なんか文章にすると、書く内容が色々あって。

あぁーもう、口で話した方が早〜いと思ってしまうのと、

作り方もそれぞれなので、それで良いんじゃな〜いと思うから、

あは(。-∀-) 後回しになってたー

でもそんなパエジャの、お手軽な作り方を見つけ、

そしたら披露したくなったので、載せよっかなぁ〜なんて♪(´ε` )

まぁ、こんな感じ。

まずは、色を良く出す為、

ひとつまみのサフランをホイルで包み、トースターか遠火で炙る。

ココ、焦がさないように要注意デス。

ポロポロにして、ぬるま湯500ccに暫く浸けておく。◀︎これがサフラン水。

それと発酵水を200cc用意。

発酵水とは、この汁↓

塩水に漬けて発酵を待つだけ

この作り方は〝ロシアピクルス〟とか〝発酵漬け〟で検索どうぞ。

ウチでは、シメジの発酵漬けは欠かさず、

アサリの出汁に似た旨味があるので、パエジャの出汁はコレで。

なんか、この段階で説明が多いけど、

ココから簡単。多分〜

塩で下味をつけた、骨付き鶏肉を炒めま〜す。

カブも入ってるな。まぁ、なんか野菜も入れて。

骨付きが美味しいよ

コンガリしたら、ニンニク、

と、

控えおろぉーーー‼️

やるよね、やっぱり❤️

また登場の、おひさまいろのトマトソース( ^ω^ )

コレを半分位かな〜、入れて煮込みます。

ココでもうすでに美味しそぅ

そこへ、サフラン水と発酵水を注ぎ、

富士子ベーコンを増し増しにして、グツグツ10分。

骨付き鶏肉からの旨味を充分に引き出し、

それにトマトソースも混じって、発酵水、しかも増し増し富士子ベーコン!

ココで溢れる旨味のエキスを作ります。

味見をして、

このエキスにお米が入ったらどうかなぁ〜(*´꒳`*)

と想像力を存分に膨らませる。

ちょっと塩気が効いている方が美味しいよ。お米が入るから。

↓ハイ、お米入ったー あっ、冷凍していたムカゴも入っていますね(._.)

2食分作ります♪

お米は、2、5合。

洗わずの生米を入れ、お米が初めて出逢う水分を旨味のエキスに❤️

ガラス蓋をしてグツグツしたら、そこから弱火15分。

🔻

蓋を開け、水分飛ばし。中火10分ほど。

お焦げの香りがチョットでもしたら火を止める。

🔻

蓋をして蒸らしをしたら、完成〜‼️

蒸らしは充分にした方が美味しいので、それからサラダでも作るなり、

前菜を食べるなり、お風呂に入るなり。

さぁ、食べるよ〜

もう待てない

レモンを搾っても良いし、ウチはレモンを丸ごと冷凍しているので、

それを皮ごと擦り擦り。

するともう、我慢出来ないほどの香りが広がり╰(*´︶`*)╯♡

この作り方、ちょっとごはんがやわめと思うかもしれないけど、

お焦げはシッカリ。

若干やわめの方が冷めても美味しく、何より歯に詰まらない( ̄∇ ̄)

カリカリ過ぎるパエジャって歯に詰まるし、なんか消化しないし、だからね。

でも、お好みだから、水加減は調整して下さいねー

ねぇ♪パエジャって、

考え方を、炊き込みご飯みたいなものと思うと簡単でしょ!

具も色々アリだしねー

まぁ、トマトソースは作っておかないといけなかったんだけどー

それがこのトマトソースで、おぅ(゚∀゚) パエジャが手軽になるのだよ♪

おっ!ベーコン入ってる❤️

えー、でもめんどくさーい…

と思われた方は、

どうぞスペイン料理屋さんへ。▶︎【ココ最高に美味しいから】

チャレンジしてみよっかな♪

とチョットでも思われた方は、どうぞ、

【パエジャ鍋26㎝】と【富士子ベーコン&トマトソース】の購入検討のほど、

宜しくお願いしまーーーす(^O^)/

🔻気になる富士子ベーコン&トマトソースはね🔻



コメント


認証コード(2562)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional