幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2020-06-29

Top / 幻blog / 2020-06-29

 スベリヒユ

「これスベリヒユ?もう食べ頃?」

と訊ねると、

「食べ頃ですよ!生でサラダでも良いし、サッと湯がいてお浸しでも。

ワタシはスープによく入れます。」

定期的にやって来て、

我が家の庭の食材と、

食べ方も含めて教えてくれる草センセイ。

ホント助かる。

コレですよ。スベリヒユ↓

瑞々しいよね。

多肉植物の様な、肉厚な葉っぱ。

そのままかじると、ちょっと酸っぱく。

では、根っこを残してポキポキちぎり収穫。

コレまた育てよう♪

想えば20年程前、

普通の器から、耐熱の器や土鍋に力を入れ始めた時、

まぁ笑えるほど売れなくて(^◇^;)

時代はIHコンロの出始め。

電子レンジ調理などの時短調理も流行り。

土鍋なんて、時代と逆行。

それでも売れない土鍋ばっかり作っては試行錯誤。

そんな中、よっぽどお腹空いてたのか、

まだその当時食べられるとは知らなかったスベリヒユを眺めては、

『この草、美味そぉ… 食べてみようかな… でもお腹壊したら嫌だし…』

と、ヨダレを垂らしながら葛藤していたのを思い出します。

知ってりゃ、根こそぎ食べてたな。

まぁ、そんな特別な思い入れのあるスベリヒユ。

サッと湯がいてお浸しに。

ついでにオクラも湯がいて。

ネバネバコンビ

湯がくと、ネバネバしてきて、

コリャ、美味しそうな気配です♪

味見をすると、スベリヒユのこの酸味、

富士子ベーコンと合うだろうと和えてみる。

鰹節と醤油をタラリ。

思った通り、良い晩酌のお供になりましたよ( ^ω^ )

遂にスベリヒユを食べる!

お蕎麦や素麺、冷奴にのっけてもイイだろな♡



コメント


認証コード(8571)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional