幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2019-06-18

Top / 幻blog / 2019-06-18

 俺のハブ茶

そういえば載せてなかったかも、と思ったので。

ご紹介。

生ハブ茶の焙煎、我が家ではこうやっています。

平たい土鍋でね。

ある程度の量を炒るので【パエジャ鍋】で。

ところで、ハブ茶ってこんなに美味しいのに、名前が微妙ー

違うハブが頭に浮かぶぅー…

苗の時は〝エビスグサ〟→その種子が〝ケツメイシ〟→お茶になったら〝ハブ茶〟⁇

なんかややこしいヤツです。

しかしそのややこしいヤツが、お茶にすると非常に美味い!

そんな事を言っていると、

パチパチパチパチ‼︎凄い勢いで爆ぜてきます。

キタキターーー!

ガラス蓋をしてね。振るよ。

陶器の蓋だと、どうなってるのかな〜と、

あほズラで覗いた瞬間に種が爆ぜるので、キケンです!超慌てます。

ガラス蓋だと見えるからね。

好奇心のある方でも、良く観察できて安心!

こんな感じに、種が割れてちょっと白くなれば焙煎終了。

良い香り

蓋を外して、そのまま冷まし、保存壺へ。

このハブ茶、どうやらお腹を温める効果があるようで、

通りで調子が良いはずだ。

美味しい上に、お腹を守ってくれるなんて!

素晴らしいお茶デス。

我が家では、ヤマモモの葉っぱをまず煮出して、

沸いたら火を止め、ハブ茶を大匙一杯。

コレが、毎日のお茶。

ハブ茶のとりこ♡

【薬草ポット 2リットル】

因みに、ちょっとおめかしして撮った【薬草ポット】

イベントの提出写真用。

1リットルと2リットルがあるよ。

そんなこんなで、自家製のケツメイシを収穫するべく、

エビスグサを、過保護に育て情熱を注ぐマサオカさん。

俺のお腹を温めてくれ。

アレ?居ないなぁと思ったら、だいたいエビスグサゾーンに居ます。



コメント


認証コード(5571)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional