幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2022-11-12

Top / 幻blog / 2022-11-12

 秋のパエジャ🍂

あっ❣️サフラン咲いてる(゚∀゚)

前はズラリ咲いてたんだよ

以前は秋になると、庭のドコソコからサフランが咲いてたんだけど、

今はパラッパラ…

超〜放ったらかし庭にしていた時の方が、

サフランにとっては心地良かったのかな。

まぁ、この貴重な我が家サフランに、大分竹田産のサフランを足して、

秋のパエジャといきましょ〜٩( ᐛ )و

まずサフランは、ホイルに包んでトースターで炙ります。

ここ結構真剣になるよ

焦げないよう様子を見ながら。

最初はフニャっとしたサフランが、ポロポロとほぐれたらOKです。

では材料。

ワタシがパエジャの具材で1番好きなのは、コレ↓

傘をひっくり返して揺らし落とし、採取

ムカゴ❤️

ホクホクとした食感が、トマトの酸味ともあって、

ムカゴの収穫時期になると、パエジャが作りたくなるのです(o^^o)

他の主な材料はこんな感じ↓

ヨシ!材料は揃った✨

ムカゴ、栗、天富士トマトソース、シメジの発酵漬け、サフラン水…

あと、鶏肉やネギ。

では、その鶏肉とネギを炒めるとこからスタート‼️

【パエジャ鍋】の大きいサイズの方を使っています。

パエジャにネギ、トロリとして美味しいよ

🔻

ココで旨味のスープに

トマトソース、発酵漬けの汁とシメジ、サフラン水を加えクツクツ。

味は塩で調整。

🔻

ムカゴ、栗をふんだんに❤️

生米、栗、ムカゴを加え暫くクツクツ。

🔻

待ってる間にサラダにする草を物色🌱

蓋をして弱火15分ほど。

なんだか写真に撮ると工程が多いみたいだけど、

やってみるとそうでも無いよ。

▼一応ワタシの、テキトーなメモ書きも載せておきます♪(´ε` )

パエジャの時は、米:水が1:2なのがポイントです

では、

そろそろ15分たったので、どうでしょうか〜

🔻

パチパチの音も重要

表面のお米を味見してみて、

この後の蒸らしでも火が通るので、若干固い位でOK。

最後に中火にして、余分な水分を飛ばしつつ、

美味しいお焦げも付けていきます。

なので中火10分は目安で、頼りは自分の嗅覚✨

神経を嗅覚に集中させ、若干香ばしい香りがしたら火を止め、充分に蒸らし。

土鍋は余熱が凄くあるので、

ウッカリしていると、焦げ焦げパエジャになりますからね〜

あと土鍋パエジャのポイントは、充分な蒸らし✨

蒸らしを充分にすると、お焦げも美味しく、

お米にもシッカリと火が通りますので(^з^)-☆

では、充分な蒸らしをしている間に色々準備。

カワラナとか、カタバミの花とか、ハゼランとか

▲【ベンガラ小鉢】

🌱水菜と、愉快なそこら辺の草とか花とかのサラダ

玉ねぎとジャガイモ、ブロッコリーがちょっと入ってる

▲【寸胴スープカップ】

🍅残ったトマトソースと発酵汁と水を、1:1:1で温めただけのミネストローネ

玄米コーヒーロールだよ✨

▲【グリルプレート】

🍞このトマトソースの作者、モンブランフジヤさんのバターロール

生姜や、草センセイからもらった謎のスパイスが入ってる

▲【カフェオレカップ】

🍋月読みレモンを蜂蜜に漬け仕込んだ、スパイス香るレモンスカッシュ

それでは‼️

お待ちかねの、パエジャ(*゚∀゚*)

\🍂栗とムカゴの秋のPaella〜🍂/

自家製の、栗とムカゴと少量のサフラン

もちろん多すぎるので、半分は夜に食べました

秋ならではの、スペシャルパエジャです╰(*´︶`*)╯♡


2022年 11/17(木)〜23(水祝)

名古屋やきものワールド

🔻click

詳しくは個展/eventをご覧ください。

当店はカードPayPayやっていません。
 お支払いは現金でお願いします(╹◡╹) 

〝コレ持ってきて!〟や〝お取り置き〟は click▶︎【お問い合わせmail】にて。



コメント


認証コード(8410)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional