幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2022-05-20

Top / 幻blog / 2022-05-20

 玄米を食べたというコトになるのかな。

最近、ザワークラウト熱が続いており、

その為、糠漬けが冷蔵庫でお休み中でして。

足し糠する必要が無いから、糠が余って余って。

毎日精米機から出てくる糠を、冷凍庫で保存してたんだけど、

あっ!そうだ!

煎り糠を入れたお菓子とか美味しいから、

糠、煎ってみよー٩( ᐛ )و

と、やってみたら、

今度はその、煎り糠の美味しさにハマる。

それはそれは香ばしく甘い香りなんだもん❤️

きな粉のような、それ以上に良い香り

【パエジャ鍋】で煎っています。

数日分冷凍庫で貯めた糠、大体150gほどを入れ、

ヘラで掻き混ぜながら、

最初は中火強の火加減で5分ほど。

鍋が温まったら、弱火に落とし5分ほど。

火を止め余熱でも煎る感じ。

徐々に色が濃くなって、サラサラとしてくるのが目安。

土鍋だと熱の伝わりが柔らかいので、

それはそれは上出来な煎り糠がデキルゥー

って…、こんな地味なの載せて、

ピン❣️とくる人、何人いるだろうか(^◇^;)

でもイイさ。

ピンときた方、お試しを。

煎り糠、お味噌汁にふりかけたら風味が出て美味しいよ。

スパイスカレーにもかけるし、ヨーグルトにも美味しい。

胡麻和えならぬ、煎り糠和えにもしたり、

粉の一部を煎り糠に替えて、クッキーやスコーン。

1番好きなのは、煎り糠入りのパンかな♪

パンの時は、強力粉の1割ほどを煎り糠に替えて。

って、

写真もう一枚載せるけど、やっぱり地味だねー

見た目が地味で撮りにくい…

↑奥に見える瓶は、今日もスクスク発酵中の糠入りパンです(´ω`)



コメント


認証コード(4380)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional