幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2021-09-30

Top / 幻blog / 2021-09-30

 煎じます

「ハブ茶、もうそろそろ茶色だけど収穫して良いんですかね〜?」

先日お邪魔した、

みなまるキッチンの里実さんからそう訊ねられ、

「えー!もう茶色ですか〜?水俣だから早いのかなぁ?」

とか言ってたら、

ウチのも、もう一部が茶色になり出してたよ。

何やら凄い草たちで鬱蒼とし過ぎていて、見えなかっただけだね(^◇^;)

草を掻き分け掻き分け、

茶色になり、指で弾くとシャカシャカと鳴る鞘を収穫。

トップバッターの鞘たち

まだ緑の鞘が多いので、とりあえずコレだけをザルに干し、乾燥。

益枝師匠にそう教わったからね。

ところで今年は、溢れ種のままバラバラと芽が出たので、

あー、収穫し難い…

歩くところが無いし、ジャングルみたい…

なるほど〜

だから益枝さん。

溢れ種から出た双葉を、並べて植え替えるって言ってたんだー(´Д` )💦

益枝師匠、やっと解ったよ。

ちっちゃいチョコみたいな種だよ

鞘からチラリと覗く、整列が素晴らしい種たち。

この種を煎って煎じて、ハブ茶になります。

あと最近、

こんな野草も煎じたりして。

種が服にくっ付いちゃうよく見る草だよ

イノコヅチの葉っぱ茶。

マサオカの、脚が冷えやすい体質改善の為、

草センセイが取り寄せた南天堂さんの野草茶を、分けて貰いました。

そういえば草センセイが、

数日前のFBに、イノコズチについて載せてたな。

説明コチラからどうぞ▶︎【楽草庵】

夏はスッキリ香り系、冬は甘い香り系が好きかな

季節の移り変わりで、煎じる野草を変えていくのも楽しいね〜🌿



コメント


認証コード(4829)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional