幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2020-10-07

Top / 幻blog / 2020-10-07

 かぐや姫の。

思いがけず、タップリ時間が出来た今春のコト。

そういえば…、

裏の竹ヤブ掃除に取り憑かれてた(~_~;)

ビフォーの竹ヤブは凄かった…
(コレでも半分くらい掃除した後)

でも毎日毎日、竹切りに明け暮れたおかげで、

すっかり綺麗になり、

かぐや姫が住み着いちゃうんじゃないか⁉︎というほどに(^O^)

すっごい切ったもんね。

その、伐採した大量の竹。

ただ燃やすのはかわいそうだよね…(._.)と、

五右衛門風呂の燃料に。

半分に割らないと、はじくからね。

竹は火力が強過ぎるけど、

ウチの五右衛門は、耐火煉瓦で丈夫に作っているので、

多分大丈夫。多分ね。

セッセと風呂焚きに消費し、

そしてその残った竹の灰。

コレで釉薬にしたら、どんな色になる?

という思いつきから、実験スタート٩( 'ω' )و

あーだこーだ配合しながら、試し焼き、試し焼きを繰り返し、

やっと竹灰釉のカップ、焼けましたー‼️

釉溜まりも綺麗だよ

ビール、焼酎、珈琲にも

かぐや姫がスヤスヤ眠っていそうな、丸カップです♪

【かぐや姫の丸カップ】税込1,980yen

そして湯呑みも。

コッチも釉溜まりが綺麗です

かぐや姫っぽく上品なデザインに

貫入も綺麗に出ています

【かぐや姫の湯呑み】税込1,650yen

実験実験で配合した釉薬なので、次同じ色の釉薬が出来るか?

ふふふ♪コレっきりかもよ。

いや、出来るかな?どうかな?

なので、

竹っ♡と、ココロがときめいた方、

お待ちしておりまするぅ〜m(_ _)m



コメント


認証コード(7778)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional