幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2019-05-10

Top / 幻blog / 2019-05-10

 20年振りに。

お互いわかるかなぁ…

とドキドキしながら、友人を迎えに空港へ。

あっ!居た!

すぐわかるもんだね。

ピースボートで一緒だった彼女。

途中の寄港地で、

あのコに話しかけてみようかどうかという睨み合いから始まって、

船内での不思議で貴重な時間を一緒に過ごし。

そんな彼女との久々の再会。

彼女の話しはとってもとっても興味深く、

話し声からも、なんだか映像が頭の中に伝わってきて。

つくづく、あの時話しかけてみてよかった♪

なんだか只者じゃねーぞ…と思った自分の直感は当たっていたな。

と思った今日なのでした。

思い出のCUBA猫



コメント


認証コード(0994)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional