幻 窯 genyo 炎 色 の う つ わ & 土 な べ

幻blog/2017-08-16

Top / 幻blog / 2017-08-16

 二刀流〜〜

あっ… 珈琲、煎ってなかった…

今日のモーニング珈琲はやめようかと思ったけど、

やっぱりのみたいよね。

仕方なく、ボサボサ頭&ド近眼メガネで、朝から優雅に珈琲を煎る。

ふたつの焙烙を使い、両手で。

100グラムずつ。

ウチの【焙烙 houroku】は、

100グラム前後の珈琲豆を煎るのに最適サイズで作っています。

多くて130g位まで。

楽しいなぁ〜と思える時間で、煎り終えれるサイズなのです。

飽きさせない程よい頃合いでパチパチとハゼ始め、

良い香りと共に、ドンドン焼けてきて。

あぁー、面白かったなぁ〜という気持ちが残るサイズ感を大事にしています。

100グラムだと、1日一回ドリップするとして、3日で無くなりますが、

何回かドリップするかもなって時は、ふたつの焙烙を持ち出して両手でいきますよ。

変わってきた♪

そろそろパチパチとテンポよく聞こえてきたら、弱火に落とし。

良い色に煎れてきたら、火からおろし余熱でシャカシャカ♪

軽快なシャカシャカ♪

両手に焙烙。まるでマラカス。

そして盆ザルに取り出し、薄皮を飛ばし焙煎終了。

あっ、カボチャ下がってる…

あぁー、面白かった♪と、焙煎した珈琲豆を眺めて、今日も思うのでした。



コメント


認証コード(3237)

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional